So-net無料ブログ作成
よみもの(亀に纏わる本) ブログトップ

最近読んだカメ本♪ [よみもの(亀に纏わる本)]

最近読んだ、カメが登場する本の紹介です。
一冊目はこれです。

みーんなかめ!

みーんなかめ!

  • 作者: ふくだ としお, ふくだ あきこ
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 単行本

きみどりさんに紹介していただいて、読んだ絵本です。
卵から産まれた子ガメが「ぼく、かめ」と言うと、向こうから「おーい!」と呼ぶ声がします。
そこには別のカメがいて「ぼくたちがほんとうのかめだよ」。
すると、向こうからまた「ふおーい!」と別のカメが現れ、
「なにいってるの?ぼくがほんとうのかめ」・・・。
そうしてたくさんのカメが登場し、最後に勢ぞろいして「みーんな かめ!」

温かい色使いで、絵も可愛らしく、気持ちが和む絵本です。

二冊目は・・・

かめくん (徳間デュアル文庫)

かめくん (徳間デュアル文庫)

  • 作者: 北野 勇作
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2001/01
  • メディア: 単行本


「木星戦争」に投入するために開発されたカメ型ヒューマノイド・レプリカメの「かめくん」。
かめくんは、人の世界でお仕事したり、図書館に通ったり、猫と同居したり・・・と、普通に生活しようとするのですが・・・。

読んでいると、切なくなってきます。
ところどころ笑える部分もあって、楽しいはずなのに、物語全体を通して哀愁を感じてしまうお話です。

三冊目。

大江戸亀奉行日記 (時代小説文庫)

大江戸亀奉行日記 (時代小説文庫)

  • 作者: 中沢 寿美子, 松井 今朝子
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2004/12
  • メディア: 文庫


本邦初の生体環境時代小説。
イシガメたちが平和に暮らしていた上野不忍池に、クサガメやアカミミガメが移住してきたことから、カメ同士の間に軋轢が生じ始めます。
亀奉行・亀山左衛門尉俊寛は、カメ達が持ち込む問題を無事に解決することができるでしょうか・・・。

この本、カメ好きにとっては笑いどころが満載。
でも笑うだけじゃなく、人間のしてきたこと(カメを本来の生息環境から移動させ、生態系を崩してしまったこと)も考えさせられるお話です。
巻末に「鶴亀音頭(振り付けつき)」と亀図鑑が収録されています。

四冊目。
これは、先日の新聞で紹介されていた本で、私はまだ読んでいません。
ぜひ読んでみたいと思っている本です。

カメのきた道―甲羅に秘められた2億年の生命進化 (NHKブックス 1095)

カメのきた道―甲羅に秘められた2億年の生命進化 (NHKブックス 1095)

  • 作者: 平山 廉
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: 単行本

中世代の地球で、陸上動物は生き延びるために3つの戦略を選んだそうです。
一つ目は、恐竜のように体を巨大化させる方法。
二つ目は、哺乳類のように体を小型化させ、絶えずエネルギーを補充して生きていく方法(食物を効率よく補給するために、知能を発達させたそうです)。
そして三つ目は、カメのようにじっとして長生きする方法。
あまり動かないから餌も少量でいいし、エネルギーを節約できる。そんなに学習する必要がないから、脳の大きさも節約して小さくできる。身を守るための甲羅を作るのにカルシウムを節約し、歯もなくなってしまった・・・。
この本では そんなふうにしてカメが選んできた戦略について述べているそうです。

めまぐるしく情報が錯綜し、時代に遅れないように人々が必死になっている今、のろのろと したたかに生きるカメのような生き方は「負け組」と言われることもあるとか。
『でもこれからは「負け組」ではなく「カメ組」と言い、人生の勝ち負けも1億年単位で考えたい。』・・・と書評には書かれていましたが、そんな風に考えられたら、気持ちが少し楽になりますね^^



追記:12月6日、『カメのきた道』読了しました。
カメの体の仕組み(骨格や甲羅、頭骨について丁寧な図解説明あり)に始まり、カメ達が古生代に両生類から分岐した後、どのような仲間に分かれていったか、世界のどの地域に広まっていったか・・・等々、専門的に詳細に解説されていました。
北海道の夕張市で約9000万年前のウミガメ類の化石を見つけたこととか、知り合いから提供してもらった化石を含む岩石の中に、一億一千万年前の世界最古のウミガメの化石(新種だったそうです)を発見したこととか、ロマン溢れるエピソードもたくさんあって、興味深かったです。


nice!(12)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

カメの絵本 PART3 [よみもの(亀に纏わる本)]

カメの出てくる絵本を集めました♪
探してみると、意外とあるのもですね^^

イシガメの里

イシガメの里

  • 作者: 松久保 晃作
  • 出版社/メーカー: 小峰書店
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 単行本

※ 野生のイシガメの生態をつぶさに観察した、写真絵本です。

かしこいカメのおはなし―アフリカのむかしばなし

かしこいカメのおはなし―アフリカのむかしばなし

  • 作者: フランチェスカ マーティン
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2000/12
  • メディア: 大型本

※ ゾウとカバの強さ自慢に怯える小さな動物達。知恵を絞って騒ぎを鎮める、賢いカメのお話です。

かめかめかもめ

かめかめかもめ

  • 作者: あきやま ただし, 正高 信男
  • 出版社/メーカー: 鈴木出版
  • 発売日: 2004/07
  • メディア: 単行本

※ あたまに「か」、おしりに「め」がつく言葉を集めた言葉遊び絵本です。

カメちゃんはごふまん

カメちゃんはごふまん

  • 作者: ハミド・レザ ベイダーギー, ふせ まさこ
  • 出版社/メーカー: 新世研
  • 発売日: 2003/12
  • メディア: 単行本

※ 自分の重い甲羅や足の遅さに不満を持つカメ。3つの願いを叶えてくれる井戸があることを知り、出かけていきますが・・・。

かめのおんがえし

かめのおんがえし

  • 作者: サンドラ ラポルタ, オラシオ キロガ
  • 出版社/メーカー: 新世研
  • 発売日: 2002/07
  • メディア: 単行本

※ 狩人に命を救われたカメが、今度は自分の命をかけて、狩人の命を救うお話です。

カメのカメすけくん

カメのカメすけくん

  • 作者: ローベルト バブロヤン
  • 出版社/メーカー: 新読書社
  • 発売日: 2002/11
  • メディア: 単行本

※ 誕生日に男の子に贈られたカメの「カメすけくん」のお話です。

かめのルドミラ

かめのルドミラ

  • 作者: ピエール・コラン, マリー・ジョゼ・サクレ, 木本 栄
  • 出版社/メーカー: ひくまの出版
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 単行本

※ 93歳のおばあさんカメ「ルドミラ」は、いつもゆっくりマイペース。そんなルドミラの大事な仕事とは・・・。

かめのローリー

かめのローリー

  • 作者: ひびの さほ
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 文庫

※ カメの頭の部分に指を入れて遊べるお話絵本です。

きょうはカメくんのたんじょうび

きょうはカメくんのたんじょうび

  • 作者: エリザベス ショー
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2001/05
  • メディア: 単行本

※ お誕生日にみんながプレゼントを持ってカメくんに会いに来てくれます。でも、本当に欲しい物を持ってきてくれる人はなかなかいなくって・・・。

自分にあてた手紙―カメのポシェの長い旅

自分にあてた手紙―カメのポシェの長い旅

  • 作者: クロード ポンティ, フローランス セイヴォス
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • 発売日: 1999/10
  • メディア: 単行本

※ 最愛の人を失ったカメのポシェが、自分に手紙を書くことで、悲しみを乗り越えていこうとするお話です。

ながいながいカメのたび―百万長者になりそこねた男の話

ながいながいカメのたび―百万長者になりそこねた男の話

  • 作者: ダーク ズィマー, スティーブ サンフィールド
  • 出版社/メーカー: フレーベル館
  • 発売日: 1997/11
  • メディア: 単行本

※ 若いカウボーイが料理店で食べたウミガメのスープは、おいしくて値段が高い。「材料のカメを捕まえて店に売れば百万長者になれる」と思い、2万匹のカメを従え店に向かいますが・・・。

ねんころカメのこもりうた

ねんころカメのこもりうた

  • 作者: にしうち としお, さくら ともこ
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2001/07
  • メディア: 大型本

※ 冬になると眠ってしまい、雪を見たことがないカメくん。そんなカメくんに雪を見せてあげようと、仲間達が知恵を絞って協力します。 

のらカメさんた

のらカメさんた

  • 作者: かわむら ふゆみ, のむら かずあき
  • 出版社/メーカー: 小峰書店
  • 発売日: 2004/10
  • メディア: 単行本

※ 橋の下に捨てられたミドリガメの「さんた」。立派なのらカメになろうと努力していると、気弱なすずめがやってきて・・・。

のらカメさんたのまけてたまるか

のらカメさんたのまけてたまるか

  • 作者: かわむら ふゆみ, のむら かずあき
  • 出版社/メーカー: 小峰書店
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 単行本

※ 「のらカメさんた」の続編です。さんたの前に現れた、両親をイタチにやられたと言うネズミのジョージ。さんたは、ジョージと一緒にイタチに復習することを考えるのですが・・・。

☆おまけ☆

このCDの中に、『ミドリガメのうた』という曲が収録されています^^

NHKむしまるQゴールド大集合!大脱皮のテーマ

NHKむしまるQゴールド大集合!大脱皮のテーマ

  • アーティスト: TVサントラ, 細川俊之, うらら(三石琴乃), ナルチョ(鳴瀬喜博), 東京珍獣合唱隊(東京ホームコーラス), KATSUMI, 江口・ヨンタナ・正祥&はい!万平連欧州旅行です。, 堀江美都子, オカンズ, 川村万梨阿, MISUMI
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2004/04/21
  • メディア: CD

Grandes Hits(・・・カメとは関係ないけど、お気に入りのアルバムです♪)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

カメの絵本 PART2 [よみもの(亀に纏わる本)]

最近見かけて気になった、カメの出てくる本を紹介します。

まず1冊目はこの本。

カメのくらし

カメのくらし

  • 作者: 増田 戻樹
  • 出版社/メーカー: あかね書房
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 単行本


クサガメとアカウミガメを中心に、豊富な写真で、カメが産まれてから産卵するまでのくらしを紹介しています。
よく子ども用の図鑑の後ろの方のページに、例えば鳥類の図鑑だったら「鳥類の体のつくり」とか「1年のくらし」といった資料が載っていると思いますが、そういったカメの資料も詳しく載っていて、面白いです。
クサガメやウミガメが産卵する時の写真(穴を掘って卵を産み、埋め隠すまで)や、産まれたばかりの子ガメの写真も載っていて、じーっと見入ってしまいました。

2冊目は、次の本です。

つんつくせんせいかめにのる

つんつくせんせいかめにのる

  • 作者: たかどの ほうこ
  • 出版社/メーカー: フレーベル館
  • 発売日: 2005/06
  • メディア: 大型本


『つんつくせんせいシリーズ』の一冊です。
子ども達と海の家に遊びに行ったつんつく先生。
散歩の途中でばったり出会ったカメを、海に帰してあげました。
翌日、カメを海に帰してあげたんだから、きっと竜宮城に連れていってくれるに違いない!と思い込み、海に向かうつんつく先生。でも、助けられたカメは竜宮城なんて知らない。
そこで一生懸命知恵を絞ったカメが、つんつく先生と子ども達を連れていったのは・・・。

思い込みの激しいつんつく先生と無邪気な子ども達を喜ばせようとする、カメの頑張りに、思わずエールを送りたくなります。
最後の落ちも、くすっと笑えて楽しい本です。

そして3冊目は、この本です。

ふたりはいつもともだち

ふたりはいつもともだち

  • 作者: つちだ よしはる, もいち くみこ
  • 出版社/メーカー: 金の星社
  • 発売日: 1999/04
  • メディア: 大型本


実際に鳥羽水族館で飼育されている、ジュゴンとアオウミガメの友情の実話です。
一緒の水槽で暮らしていたジュゴンのセレナと、アオウミガメのカメキチは、大の仲良し。カメキチがセレナの背中に乗って一緒に泳いだりすることもあるほどです。
でもある時、カメキチが別のプールに引っ越してしまいます。すると寂しくなったセレナは、だんだん食欲がなくなり・・・。

異種間の友情をひしひしと感じる一冊です。
妙にぽわぬぅと重なるところもあったのですが、ぽわぬぅはここまで仲良くはなれないだろうな・・・と思いました。
ラスト、ちょっぴり感動して、鳥羽水族館に行きたくなります。
私も行きたくなりました^^

3冊とも、カメが出てくる素敵な本なので、もし機会がありましたら、ぜひ読んでみてくださいね^^


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

カメの絵本 PART1 [よみもの(亀に纏わる本)]

夕方の餌の時間。
いつものように、2匹のおねだり。

おなかすいた~!

ぬぅの目から上、水面から出ていますよね・・・。大丈夫なのかな^^;

こうやってそばによって来るのは、おなかがすいたときだけ。
あとはのんびり、甲羅干ししたり泳いだり^^

まったり~♪

彼らなりに、メリハリのある生活をしているのでしょうね^^


さて、今日は、私のお気に入りのカメの絵本を3冊紹介します。

うみのえほん ぼく、うまれたよ

うみのえほん ぼく、うまれたよ

  • 作者: みうら し~まる
  • 出版社/メーカー: 教育画劇
  • 発売日: 2005/07
  • メディア: 大型本


産まれたばかりのウミガメのぼうやが、お母さんを探して旅に出る絵本です。
絵の色が鮮やかで、途中に登場する動物達が綺麗。
コガメの泳いだ後には「ぷくぷくぷく・・・」の文字が連なっています。
ページの途中で半分めくると別の絵になったり、ページの穴から向こうが見えたりする仕掛け絵本です。
最後のページは、かなりほろっときます(;_;)


かめのヘンリー

かめのヘンリー

  • 作者: ほりかわ りまこ, ゆもと かずみ
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 2003/04
  • メディア: 大型本


ちよみちゃんが小さい頃から、いつも隣にいたぬいぐるみのヘンリー。
ある日、ちよみちゃんが風邪をひいて寝込んでしまった時に、ヘンリーは「埃だらけだから体に良くない」と物置にしまわれてしまいます。
ちよみちゃんに会いたいヘンリー。
綺麗にならなきゃ!と、自分の力で歩き出します・・・。
ヘンリーは、ちよみちゃんに会うことができるのでしょうか?

絵が柔らかくて温かくて、ほんわかした気持ちになります。
自分の力で歩き出すヘンリーに、「頑張れ!」と応援したくなる絵本です。


とってください

とってください

  • 作者: 福知 伸夫
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 2003/02
  • メディア: 単行本


カメが、道行く途中に出会うサルやハトやキリンに、自分では手の届かないものを「とってください」とお願いし、「ありがとう」と言うお話です。
木版画の色使いがとても綺麗です。最後に「はっぱをとってください」とお願いされたサイさんが、素敵なことをしてくれます。
ページが厚いので、小さな子にもめくりやすいです。

どれも、絵も内容も素敵なものなので、機会がありましたらぜひ読んでみてくださいね^^


nice!(5)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

Enjoy!カメライフ♪ [よみもの(亀に纏わる本)]

本屋さんのペットコーナーで、偶然見つけ、買ってしまった本。

カメおもうゆえにカメあり

カメおもうゆえにカメあり

  • 作者: サノ アツコ
  • 出版社/メーカー: フィールドワイ
  • 発売日: 2005/12/25
  • メディア: 単行本


ケヅメリクガメとアラブギリシャガメを飼っている、サノアツコさんのカメ観察日記。
もともとブログだったもの(詳細はこちら→「カメおもうゆえにカメあり」)を、本にまとめられたそうなのですが、豊富なイラストと写真で、めくるめくカメライフが描かれています^^


リクガメとヌマガメ、多少の違いはあるけれど、同じカメの仲間。
読んでいて、「それ、ぽわにもあるある!」と思ったところがたくさんありました。


まるで人のように、眠いときに目をこすったり

眠いの・・・

あくびをしたり

ふわぁ~・・・

ストレッチしたり・・・^^

背中のコリをほぐしたい♪

かと思えば、どこかに行く途中だったはずなのに、突然、力尽きたかのようにその場で眠り込んでしまったり(行き倒れと表現されていました。)

うふっふ~夢の中へ♪

寝入る間に、甲羅に収納していた手足がほぐれていって、カメ卍(手足を卍型に伸ばしている状態)になってしまったり・・・。

ぐぅぐぅ・・・


終わりのほう、ちょっと切なくなる部分もありましたが、読んでいて思わず笑ってしまったり、「これある!」と思ってしまったりするところがたくさんありました。

カメ好きな方々に、イチ推しな1冊です^^


nice!(10)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

カメ本いろいろ♪ [よみもの(亀に纏わる本)]

今日は、カメに関する本の紹介です。

まず、昨日の「座敷ガメ」にかかわって、指南書ともいえる一冊がこれ。

カメちゃん♪

カメちゃんおいで 手の鳴るほうへ~友達になれる亀の飼い方~
(中村陽吉 文 / アトリエ・モレリ 絵・解説)

買ってきて、ベランダで放し飼いにしたカメちゃん。
1年目はベランダのみで生活し、飼い主である私が近づくと、植木鉢の陰に隠れてしまう。
2年目、冬眠から覚めたカメちゃんは、私を覚えていてくれる。
もう私が近寄っても怖がらず、やがて手から餌を食べてくれるように・・・。
そして3年目、さらに慣れたカメちゃんは、ベランダからはしごをつたって部屋にあがるようになる。
そのうち、「カメちゃんおいで」と呼ぶと、ものすごい速さで足元に寄ってきて、抱き上げてやると、顔に鼻を押し付けて甘えてくるように・・・。

中でも、私が感動したのは次のような逸話。

カメちゃんの世話を家族に任せて、40日間の海外出張に出かけた私。
帰宅し、居間で家族と話していると、部屋の入り口からカメちゃんがジーッと私を見ているのに気づいた。
そこで私が「カメちゃん、ただいま。こっちにおいでよ」と手招きすると、まさに脱兎のごとく私に駆け寄ってくる。
あぐらをかいている私の膝に上り、お腹を乗り越えて、肩まで駆け上がり「さびしかったよ」と言うように、私の顔に鼻を押し付けてくる・・・。

カメって、こんなに飼い主と心の交流ができるようになるんだ・・・と思い、胸がいっぱいになりました。
また、絵やコラム、豆知識などが豊富に散りばめられていて、読み物として楽しめるだけでなく、飼育本としても役立ちます。


そしてもう一冊気に入ったのがこれ。

亀は行く♪

亀は行く(上野哲也 著)

以前ムロカさんのページでも紹介されていました。
カメの少年の視点で書かれた、カメの冒険物語です。

食べて寝るだけの毎日。
楽しみといったら、爺さまの話と甲羅干しだけ。
そんな平穏な沼での生活に飽き、冒険に憧れるぼく。
でもある日、沼の仲間の存続をかけて、たったひとりで旅に出なければならなくなった。
目的の地へ行くためには数々の困難が待ち構えている。
果たしてぼくは、無事に目的の地に着き、使命を果たすことができるのか・・・。

この本で、いいなぁと思ったのは、ぼくの一人称で語られるストーリーの歯切れのよさ。細かな風景や心情の描写。物語にすっと入り込むことができ、読んでいるうちにぼくにすっかり感情移入してしまい、なんだか一緒に笑ったり悲しんだりしている自分に気づく・・・。
冒険を通して経験する数々のできごと。出会いと別れ。愛と孤独。
不安、恐れ、葛藤、いろいろなことを考え、そして立ち向かっていくぼく。
胸にぐっとせまってくるものがあります。
カメ好きな方にはぜひお勧めしたい一冊です。


今日のぽわ・・・。
今日も元気にカメラ目線♪

中途半端な姿勢で日浴び中♪
後ろ足が水に浸かっています^^;


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
よみもの(亀に纏わる本) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。