So-net無料ブログ作成
検索選択
ぐっず(自作飼育用品) ブログトップ

眠気には勝てないぽわ。 [ぐっず(自作飼育用品)]

夕方、ロフトの上で頭と手足を甲羅に収納しつつ、寝ているぽわを発見♪

収納中♪
ZZZ・・・

前に回って見てみましょう。

ぐぅぐぅ寝ています。
ZZZ・・・

息ができるように、鼻の先だけ出して寝ています。
腕がムチムチして収納しきれていないように見えるのは、もしかしてちょっと太ったせいですか?

と・・・私の気配を感じたのか、ぽわが起きてしまいました^^;

いきなり手がぐい~んと伸びて
そんなパシャパシャ

目をこすりました。
写さないでよ。

こんなに長い首が甲羅の中に入ってしまうとは驚きです。
せっかくいい気持ちで寝てたのに

半目が怖いです。
気になって仕方ないでしょ。

気になるけど
気になって

眠くてもうダメらしい。
仕方ないで・・・

おやすみ♪
ZZZ・・・

正直、それほど気になっていないようですね。
ぽわさん、どうもお邪魔しました。
ゆっくりお休みください^^



★追記★

この写真を撮った数日後、ロフトを更に改良しました。
ぽわの爪がネットにはまって動きにくそうで、また場合によっては爪が折れてしまう可能性もあるため、ネットを全て取り外し、ジョイントラックの棚板に、ロープを編み込みました。
ぽわはいつも、奥のすのこに手の爪を引っ掛けて横からロフトに上っているので、スロープがなくても問題ありません。
一緒にプラスチックの箸入れを接続して、陸場を少し広くしました。

熟睡中。
ZZZ・・・

こちらの方が、居心地が良さそうです。


nice!(17)  コメント(38)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ロフト・リニューアル♪ [ぐっず(自作飼育用品)]

今使っているロフトは、2つのフックで壁のすのこに固定しているだけなので、ぽわが成長し体重が増えるにつれ、だんだん斜めにしなるようになってきました。

ぬくぬく~♪

また、何かの弾みでぽわが下からロフトを押し上げると、簡単にフックのところが外れてしまい、ロフトが水没している・・・という事態も発生していました。
そこで、上りやすく安定性の良いものに、ロフトを改造することにしました。

材料は、今まで使っていたすのこ&フック2個に加え、100円ショップジョイントラック(25cmポール2本、30×15cm棚板1枚、30cm補強バー1本、固定部品4個)、15×15cm鉢底ネット4枚、結束バンド、ワイヤー入りビニール紐 です。

今まで使ってきたシェルターの変わりに、スロープ兼目隠しとして鉢底ネットを使いました。
完成図は下↓です。

リニューアルしました。

ぽわ庭で散歩していたぽわを夕方家に入れ、水槽に戻すと・・・

警戒度大!
びくぅぅっ!!

頭と手を甲羅に引っ込めて、警戒しまくりです。
散歩から帰ってきたら、いきなり家の中が模様替えされていたら・・・びっくりしますよね^^;
ためしにロフトの上にのせてみると・・・

ほ~ら、ぽわ。新しいロフトだよ♪
・・・・・・。

ロフトにのせられたそのままの姿勢で、十数秒硬直。

不信感の塊。
・・・・・・。

その後、そろそろと後ずさりし、

ずりずり後ずさり。
なんだかここ、あまり好きじゃない。

さらに後ずさり。
何か良くないことが起こりそうな気がする。

そのまま後ずさりをやめないものだから

後ろにさがりすぎ。
あっ!

という間に、後ろに落ちていってしまいました^^;
その後も、ぽわは警戒しながらも新しいロフトに近づいて匂いをかいだり、びくっとして遠ざかったりしていましたが、しばらくすると

まったり♪
甲羅干しは気持ちいいよ♪

ロフトに上って、右足の爪先をピンと伸ばし、のんびり甲羅干しをしていました。
なんとか気に入ってもらえそうで、ホッとしました^^


nice!(23)  コメント(53)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ぽわ庭作成計画♪ [ぐっず(自作飼育用品)]

今日のぽわ・・・

両足で立ち、体を水にまかせてゆらゆら・・・。

ゆらゆら~

浮力が働くのか、楽な体勢らしく、よくこういう格好をしています。
そして、夕方には、いつものように

鼻水鉄砲♪
おいしいよ~!

もう見慣れた風景になってしまった鼻水鉄砲。
今日もしっかり、食べました。

さて・・・10日ほど前のことになりますが、夏になったら手軽にぽわを草の上で遊ばせてあげたい・・・と思い、ぽわ庭作成計画をスタートさせました。

世界は衣装ケースから始まった。

昨年の夏、ぽわぬぅが使っていた衣装ケース
高さが低く、水を入れてロフトを設置するのは無理なので、しばらく使っていなかったのですが、今回それを引っ張り出してきて、浅く土を敷き、直径26cmの鉢受け皿を2枚セットしました。(1枚は土に埋め込み、重ねたもう1枚を取り外し可能にして、水換えをスムーズにできるようにしました)
そして、土一面に撒いたのは、芝の種。
ミニ芝生を作って、ぽわに遊んでもらうんだ!と夢を持ち、作ったのですが・・・

今日の写真

芽が出て伸びてます

拡大図

行く先は草ぼうぼう?

思ったより草同士の間隔が広いです^^;
どうも思い描いていた、目の細かい美しい芝とは程遠く・・・このまま行けば草ぼうぼうの空き地風になってしまいそうな予感。
急きょ、残っていた芝の種を、草の間にばら撒きましたが(土にばらばら落ちているのが種です)・・・どうなることやら、先行き不安な状態です^^;


nice!(14)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

自作シェルター2号♪ [ぐっず(自作飼育用品)]

1ヶ月程前に作った、ぽわシェルター(詳細はこちら→「自作シェルター完成♪」)。
できあがりが小さくなってしまったのが、気になっていました。

ぽわ、入ったは良いけど、中で方向転換できず、出るのに一苦労な状態でした・・・^^;

く・・・首が^^;

なので、思い切って、もう一度作ってみることにしました。

使用したのは、工作用オーブン陶土約1kg。それと今回は、形を作る時に、半円形植木鉢を芯に使ってみました。

オーブン陶土 植木鉢 

植木鉢の周りに粘土をかぶせるようにして、形を作り、ぽわが登りやすいように、斜面のところどころに出っ張りをつけました。ロッククライミングの要領で登ってもらおうという魂胆です。

斜め後ろから見た図

入り口方向から見た横幅は20cm。奥行き19cm、高さ14cmです。

これを乾かすと、こんな感じになりました。
全体的に白っぽくなっています。

乾燥しました♪

そして、オーブンを使って、160度で30分、180度で40分焼くと、こんな感じに・・・。

焼けました♪

上部がちょっと焼けすぎたかも^^;
最終的に、大きさは、形成時 幅20cm×奥行き19cm×高さ14cm だったものが、幅19cm×奥行き18.5cm×高さ13.5cm になりました。

今度はぽわも楽々入れます♪

微妙に怯えています^^;

・・・って、大きすぎ!?^^;

その後、試しにぽわに登ってもらったところ、出っ張りだけでは登りにくそうだったので、電動やすりで溝を掘り、爪を引っ掛けやすくしました。

溝を入れました。

これで、完成です♪

ぽわ、ご満悦^^

苦しゅうない。近う寄れ♪

ロフトに登って、リラックス中♪

近う寄・・・れ・・・

う・・・ぽわさん、目が怖いよぅ^^;
眠気を必死にこらえている顔です。



☆おまけ☆

あまった粘土で作ったカメさん達。

カメ三兄弟♪

素朴すぎ・・・^^;


nice!(9)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

自作シェルター完成♪ [ぐっず(自作飼育用品)]

1週間前に形成し、乾かしていたシェルターを、オーブンで焼きました。

焼成前

Before

形成時、湿った粘土のような感じだったものが、乾くと全体的に白くなり、粉をふいたような状態になりました。
この状態のものを、160度で30分焼いた後、180度に温度を上げて、さらに40分焼きました。

焼成後

After

色がこんがり茶色っぽくなり、粘土の質感が消え、素焼きのような感じになりました。
作ったばかりの時に、幅16cm×奥行き20cm×高さ11cmだったものが、完成時14.5cm×19cm×10cmに縮みました。
予想通り・・・と言いたいところですが、見た感じ、思ったより縮んだなぁ・・・とも思います。

自然に冷ました後、早速設置してみました♪

設置完了!

思ったより、小さいかなぁ・・・。
高さも、今まで使っていたロックシェルターと1cmくらいしか違わないし^^;

でも、少しだけロフトの位置を上げ、水深を深くしてみました。

ぽわ、ちゃんと足場に使ってくれるかな・・・。

いきなり設置されたシェルターに、ぽわは最初、戸惑い、においをかいだり噛み付いたりして調べていましたが、やがて・・・。

これ、登れる?

お、いい感じ。

ふむ、行けそうだな。

ちゃんと登れてる^^

お、行ける行ける。

頑張れ、もう少し。

ロフトに登ったぽわ

向きを変えて・・・と。

くるりと向きを変え、こちらを向くと

むむむ・・・

おもむろに

ロ・フ・ト♪フォ~ッ・・・

あくびだ~!!
いきなり大口開けて、ふわぁ~っとやってくれたので、びっくりしました^^

今回のシェルター、まぁまぁかな。
とりあえず、割れずに最後まで完成できたし、ぽわも登れたし、前のシェルターよりも少しですが、高さが高くなったので、いいかな・・・と思います。
この次作る時は、シェルター内の広さをもう少し広くしたいのと、やっぱり高さがもう少し欲しいな。

どんまい♪

ぽわに励まされつつ、第1回自作シェルター作成報告を終わります(第1回か!?・・・と自分で突っ込んでみる)^^


nice!(11)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

広いのに・・・ [ぐっず(自作飼育用品)]

新居に引っ越したぽわぬぅ

広いなぁ♪

広い水槽の中で、好きなように泳げるよ♪

う~ん・・・

好きなように泳げるのに・・・

広すぎ~?

どうしてそんな隅っこで、2匹で身を寄せ合っているのですか?^^;

やっぱりこっちの方が落ち着く?

やっぱり、ロフトの下の方が落ち着きますか?^^;




<自作シェルター続報>

形成後、温風ヒーターの前や、すりガラス越しの日の光で乾かし中。

色変わりしました。

土っぽい質感がなくなってきました。

土っぽかった色が、乾いて白くなってきました。
軽くたたくと、コンコンと硬い音がします。
大きさが幅15.5cm、奥行き19cm、高さ10.5cm・・・と縮みました。
今のところ、経過は順調です。


nice!(8)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

新居にお引越し [ぐっず(自作飼育用品)]

ぽわぬぅ衣装ケースを、ひとまわり大きいものに変えました。

新居です♪

広さは、今までの1.5倍、内側寸法55cm×39cmの衣装ケースで、水深約9cm。
ぽわぬぅも、のびのび泳げそうです。

さらに、もう少し水深を深くするために、ロフトの高さを上げたいと思い・・・。
でも、今のまま、ロフトを上げたら、足場にしていたシェルターの高さが低いので、ぽわは登れなくなってしまう・・・。
もう少し大きな市販のシェルターを買おうか・・・。でも、市販のシェルターで、今のぽわに使いやすそうなものが見当たらない。
なら、ロフト自体に何か足場になるものを取り付けようか・・・。
いろいろ考えたのですが、やっぱりぽわぬぅも使える、シェルター兼足場となる何かが欲しい。

そこで、ホームセンターで工作用オーブン陶土を買い、自分でシェルターを作ることにしました。

オーブン陶土

形を作って、1週間ほど乾かし、160~180℃のオーブンで、20分~1時間半焼けば、焼き上がりは耐水性となり、実用強度が出て本陶土に近いものになるらしい。

斜め前から見た図

斜め後ろから見た図

入り口方向から見た横幅は約16cm。奥行き約20cm。高さ約11cm。
これで、陶土を2パック(800g)使っています。
ぽわが登りやすいように、斜面に爪を引っ掛けるための溝を入れてみました。
完成後は一割程度縮むとのこと。

無事に乾燥して、割れずに焼成できるのか・・・。

ドキドキしながら、1週間後を待つことにします。


おまけ・・・


ウォーキービッツスイーツ チロルチョコ ミルク
ウォーキービッツスイーツ チロルチョコ ミルク

たまたま寄った、家電屋さんのおもちゃコーナーで、3割引きで売られていたんです。
最後のひとつだったんです^^;
誘惑に負けました(>_<)


nice!(7)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ロフト改装 [ぐっず(自作飼育用品)]

昨日作成したロフト、板の安定性を向上させるために、上部ですのこと水槽を固定していたワイヤーフックを、1個から2個に増やしてみました。(もともとフックは2個入りで売られていたので、残っていたのをそのまま使ったのです)

こんな感じ。↓ 見た目はほとんど変わりませんが、すのこを上部一箇所で固定していたときに比べて、板の左右へのぐらつきが軽減されました。

これで多少の揺れも大丈夫!

それじゃあいっちょ
これで板がぐらぐらすることもなく

登ってみましょうかねっと。
安心して

よっこらせっと。
登れるというものです。

カッコよく写してよ?
片足伸ばして、ポーズも決めて見せましょう^^

さて、そんなぽわに異変が!

なんと、あんなに嫌がっていたレプトミンを追いかけているのです!

各馬一斉にスタート!

ぽわ、レプトミンを追う。

第一コーナーを通過。先頭はぬぅです。

あ。
ぬぅに抜かされた^^;

気を取り直して・・・。

レプトミンにパクつくぽわ

ぱくっ

ぽわにどんな心境の変化があったのでしょう。エビだけでは物足りなくなってしまったのでしょうか・・・。
いずれにせよ、あんなに見向きもしなかったレプトミンを食べてくれて、かなり嬉しいです^^
えらいよ、ぽわ^^

見たわよ~?

ぽわも「家政婦は見た」に出演中^^;この微妙な隙間が好きらしい。)


nice!(5)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

小改造 劇的?BeforeAfter [ぐっず(自作飼育用品)]

大きくなったぬぅのために、水槽の水深を少し深くしたい、と思いました。
でもそうすると、ぽわの甲羅干し用の岩場が水に浸かって使えなくなってしまう・・・。

そこで、ぽわのための陸場を、新たに設置することにしました。

いざ、「小改造 劇的?BeforeAfter」

材料は、すべて100円ショップで揃えることに。

だって材料費を節約したかったのです

プラスチック製キッチン用すのこ 1個
ステーキプレート用木のお皿 1枚
?型ネジ 2本
クロームメッキワイヤーフック2連 1個

以上材料費税込420円♪

木のお皿をひっくり返して?型ネジを取り付け、すのこに固定。
そのすのこを、ワイヤーフックで水槽に固定。
これで完成!

Before

あの狭かった陸場が

After

なんということでしょう。広々としたロフトに変身したのです。

木のお皿を、水面からわずかに離して、水に浸からないようにしました。
今までの水槽の床面積はそのまま、さらにロフトを足して陸場の分、広くなった感じです。
ぽわは、今までの岩場を足がかりにして、新しい陸場に登ることができます。

こんな風に・・・

よいしょ

こらしょ

お~♪ちょっと高いな^^

えいっ!跳び込んじゃえ!

ちゃぷん♪

甲羅干しも、今までの岩場に比べて広くなった分、好きなところで、好きな格好で伸び伸びできます。

広いな♪

(右端からのぞいているぬぅ、「家政婦は見た」に出演中^^;)

いい感じ^^

早速寝てみる。

ここまで作るのに、実はかなり試行錯誤しました。
小型のプランターを横にして入れてみたり、発泡スチロール製レンガを設置してみたり(シェルターと陸を兼ねて・・・と考えたのです)・・・でも、陸場の高さが高すぎてぽわには登れなくなってしまったり、水槽の床面積が極端に減ってしまったり・・・と、どれもいまいちだったのです。
今日、やっと納得のいくものが作れました。
ぽわぬぅも気に入ってくれるといいな、と思います。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
ぐっず(自作飼育用品) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。